お知らせ詳細

親子のふれあいと、子どもたちが社会を知る「子ども霞が関見学デー」に参加

病院・介護福祉施設向け、給食委託会社のリーディングカンパニーである日清医療食品株式会社(本社:東京都千代田区丸の内2-7-3 代表取締役会長兼社長 安道光二)は2015年7月29日(水)~30日(木)に開催される「子ども霞が関見学デー」に、農林水産省FCP(フード・コミュニケーション・プロジェクト)内の参加企業として出展いたします。



日清医療食品では、食中毒の原因になる細菌がどういう食材に多く含んでいるのかをパネル展示するとともに、より理解を深めるためにパズル形式でどの食品(パネル)にどの細菌が多く含んでいるのかを選べるようにしています。

「見て」、「触って」、「体験」することで細菌について知ってもらう取り組みです。

 昨年の参加風景についてはこちらを参照ください。

http://www.nifs.co.jp/archives/csr-topics/h26_kasumigaseki




(※)FCP(フード・コミュニケーション・プロジェクト):食品事業者、関連事業者、行政、消費者等の連携により、消費者の食に対する信頼の向上に取り組むプロジェクトであり、日清医療食品株式会社もこの活動に賛同し参加しております。

また、この子ども霞が関見学デーにつきましては本年で4回目の参加となります。



FCP(フード・コミュニケーション・プロジェクトについてはこちら

http://www.food-communication-project.jp/



【子ども霞が関見学デーの概要】

■開催日時:

 2015年7月29日(水) 、30日(木)の2日間

 10:00-16:00

■開催場所:

 霞ヶ関 各府省庁

■開催趣旨:

 ●親子のふれあいを深める。

 ●夏休みに子どもたちが広く社会を知る体験活動の機会とすること。

 ●府省庁等の施策に対する理解を深めてもらうこと。

■詳細は各府省庁のWebサイトをご覧ください。

 農林水産省のサイトはこちら

http://www.maff.go.jp/j/kids/experience/k_d/

 文部科学省のサイトはこちら

http://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/kengaku/

上記の他に、人事院・内閣府・消費者庁・宮内庁・公正取引委員会・警察庁・金融庁・総務省・公害等調整委員会・法務省・外務省・財務省・国税庁・厚生労働省・経済産業省・特許庁・国土交通省・気象庁・環境省・防衛省・会計検査院・国立国会図書館にて開催されます。



【日清医療食品参加内容の概要】

■参加ブース:

 農林水産省 FCP展示コーナー

 (※)場所の詳細は受付時に配られる 農林水産省イベントガイド をご確認ください。

■受付場所:

 農林水産省本館正面玄関

 (※)他の入口からは入れませんので、ご注意ください。

■受付時間:

 10:00-15:45

■参加対象者:

 小学生・中学生とその引率者(保護者)

■当社参加内容(予定)

食中毒の原因になる細菌がどういう食材に多く含んでいるのかをパネル展示。

パズルを使っての食中毒の原因となる細菌がどういう食材に多くいるのかを体験。

 手洗い啓蒙のパンフレットの配布。

■関連Webサイト

 農林水産省へのアクセスについてはこちらを確認下さい

http://www.maff.go.jp/j/use/map.html



【日清医療食品株式会社 概要】

医療・福祉施設向・保育園などに特化した給食委託・食事サービスの提供を行っており、この分野で最大手の企業となります。病院、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、その他の施設からの委託件数は合計5,200件以上で、1日100万食以上の食事サービスを提供しています。「ヘルスケアフードのオンリーワン企業として、食を通じて日本の医療福祉サービスの質の向上に貢献する」を経営スローガンに掲げ、「おいしさ」と「安全性」を確保した食事の提供を行うとともに、新しい価値を生むサービスを企画・開発に取り組んでいます。

この件に関するお問合せ先

日清医療食品株式会社 総務本部広報課 担当:神戸
電話:03-3287-3619 

日清医療食品株式会社についてはこちら