ワタキューメディカルニュース

ワタキューメディカルニュース詳細

短信:「健康経営銘柄2016」25社を選定  経産省と東京証券取引所

→メディカルニュース今月の見出しページへもどる

 

 経済産業省と東京証券取引所は1月21日、27年度の健康経営銘柄を発表した。

 同省は、「日本再興紹介し、戦略」の取り組みの一環として、26年度から東証と共同で「健康経営銘柄」を選定。長期的な視点からの企業価値の向上を重視する投資家にとって魅力ある企業として紹介し、企業による「健康経営」の取り組みの促進を図っている。

 昨年度から2回目で、本年度は25社の選定となった。

 健康経営とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践すること。企業理念に基づき、従業員への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等、組織の活性化をもたらす。それは、結果的に中長期的な業績向上につながるときたいされている。

 健康経営銘柄は、東証の上場会社の中から、健康経営の取り組みに優れた企業を、業種区分ごと(1業種で1社)に選定し、公表するもの。

 選定に当たっては、経産省の「15年度健康経営度調査」の回答をもとに、①経営理念・方針 ②組織・体制 ③制度・施策実行 ④評価・改善 ⑤法令順守・リスクマネジメントの5つのフレームワークから評価。そのうえで財務面のパフォーマンスを勘案して選定したもの。

 当日は経済産業省商務情報政策局長 安藤久佳氏、東京証券取引所代表取締役社長 宮原幸一郎氏が主催者として挨拶した。

 (選定企業25社は下記表のとおり。)

 

  企業名 業種
1: 住友林業 建設業
2: ネクスト サービス業
3: アサヒグループホールディングス 食料品
4: ローソン 小売業
5: ワコールホールディングス 繊維製品
6: 花王 化学
7: 塩野義製薬 医薬品
8: テルモ 精密機器
9: コニカミノルタ 電気機器
10: 東燃ゼネラル石油 石油・石炭製品
11: ブリヂストン ゴム製品
12: TOTO ガラス・土石製品
13: 神戸製鋼所 鉄鋼
14: リンナイ 金属製品
15: 川崎重工業 輸送用機器
16: IHI 機械
17: トッパン・フォームズ その他製品
18: 伊藤忠商事 卸売業
19: リコーリース その他金融業
20: 大和証券グループ本社 証券・商品先物取引業
21: 東京海上ホールディングス 保険業
22: フジ住宅 不動産業
23: 東京急行電鉄 陸運業
24: 日本航空 空運業
25: SCSK 情報・通信業