ワタキューメディカルニュース

ワタキューメディカルニュース詳細

短信:アビガン抗ウィルス薬として注目

→メディカルニュース今月の見出しページへもどる

 

 

 富士フィルム傘下の富山化学工業が開発、14年3月に日本で製造販売が認められた新しい抗インフルエンザウィルス薬アビガン(一般名ファビビラビル)が、エボラ出血熱の治療薬としても効果を発揮して注目を集めている。

 

 インフルエンザ薬としてのアビガンは、インフルエンザウィルス感染を阻害するという面で、タミフルなどこれまでの抗インフルエンザウィルス薬とは異なった作用機序を持っている。

 従来の抗インフルエンザウィルス薬は、“インフルエンザウィルスを細胞内に閉じ込めて

外に出さない“のに対し、アビガンは、”ウィルス感染した細胞内に入り込み、ウィルスの

増殖を阻止する“という特徴がある。このため今までは患者に対し、感染後できるだけ早く、あるいは予防的に服用する必要もあったが、アビガンは病状が進んでからでもウィルス量を減少させることが可能だ。

 こうしたメカニズムの違いとともに、ウィルスがまだアビガンに対し耐性が出にくい状態であるため、幅広い抗インフルエンザウィルス効果を示していることが、アビガンの強みとされている。

 このようにアビガンは新型ウィルスにも有効であるが、日本国内では、「新型または再興型インフルエンザ感染症で、他の抗インフルエンザウィルス薬が無効または効果不十分な場合に限る」と、条件付きの製造・販売承認となっている。

 なお、アビガン服用に際し、服用不可または要注意のケースは以下である。

 妊娠中の人、授乳中の人、小児への投与、高齢者への投与、他疾患の患者

 

 なお、「エボラウィルスと、インフルエンザウィルスは同じタイプであることから、理論上エボラウィルスに対しても同様の効果が期待できる」と関係筋では語っている。

 フランスでは一部の患者に有効であったとの国立研究機関の発表がある。

 

 また、厚生労働省研究班チームは、アビガンがマダニが媒介するウィルス感染症“重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に有効であることをマウス実験で確かめ、米国専門誌に発表した(※1)。

 

※1…共同通信社によると、フランス国立保健医療研究所などのチームがアビガンの有効性について結論が得られなかったとの結果を米医学誌に発表したそうだ(3/7付報道)。少し残念である。

 

<WMN事務局>