ワタキューメディカルニュース

ワタキューメディカルニュース詳細

短信:睡眠にカルシウムが重要な役割 東大など研究グループが遺伝子を特定

→メディカルニュース今月の見出しページへもどる

 

 

 睡眠・覚醒の制御にカルシウムイオンが重要な役割を果たしていることを、東大などの研究グループが突き止め、発表した。  
 研究発表を行ったのは、東京大学大学院 医学系研究科 機能生物学専攻 薬理学講座 システムズ薬理学分野 上田泰己教授はじめ、同大学院学生、理化学研究所研究員らのグループで、3月17日付けの米科学誌「Neuron」オンライン版に掲載された。
 同研究グループは、睡眠時に観察される特殊な脳波の形成に必要な遺伝子を特定するために研究を重ね、課題に取り組んできた。今回、数万個の神経細胞を平均化したモデルを解析した結果、睡眠時の脳波の形成には、細胞内にカルシウムイオンを取り込む「電位依存性カルシウムチャネル」と「NMDA型グルタミン酸受容体」、カルシウムイオン濃度によって働きが変わる、「カルシウム依存性カリウムチャネル」、及びカルシウムイオンを細胞外へ放出する「カルシウムポンプ」といったカルシウムイオンの流入に関わる4つの遺伝子が重要であると予測することに成功した。
 これをもとに研究をさらに進めた結果、今回、カルシウムイオンが脳を眠らせているということが明らかになった。不眠症や、睡眠障害が関係する精神疾患などの治療に役立つ可能性があるという。
 「統合失調症や、うつ病、アルツハイマー病、パーキンソン病などでは、睡眠に異常があるといわれている。眠りの研究を通してこれらの神経変性疾患や、精神疾患の診断や治療ができる可能性もある」(上田教授)