お知らせ詳細

平成28年熊本地震による当社状況について

2016年4月19日 09:49



平成28年熊本地震により亡くなられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
また、救助・救援に全力を尽くされている関係の皆様に心から敬意と感謝の意を表します。
平成28年熊本地震による日清医療食品株式会社(本社:東京都千代田区、社長:安道光二)の対応につきましてお知らせいたします。

【食事提供について】

熊本県内を中心とし、被災地域のご契約先事業所の食事提供につきましては非常食を使用し継続できています。
ただし、一部のご契約先事業所ではお客様と調整の上、食事回数の削減を行っているところがあります。
また、お客様の判断により利用者の方を避難させたため、食事の提供業務を止めている事業所があります。

【非常用物資について】

非常用物資は福岡倉庫を経由して子会社の株式会社アグリック(本社:熊本県熊本市北区四方寄町404-1)に集積し、ご契約先事業所へ水、食材を配送しています。

ヘリコプターによる空輸は北九州空港を拠点とし、熊本市内に近い「合志グラウンド」(住所:熊本県合志市須屋2391-3)で物資を降ろし、ここを拠点にSVを中心に、ご契約先事業所へ支援物資を配送しています。輸送物資は水・白粥・流動食を主としています。

ヘルスケアフードサービスセンター九州(住所:佐賀県神埼市神埼町城原1511-1)ではモバイルプラスの福祉版を一部変更したメニュー作成し、4月23日使用分から1,800食/日の配送を行います。

【物流体制について】

福岡倉庫から熊本市内の倉庫および株式会社アグリックへ向けて物資の移動と集積を行なっており、一部商品についてはご契約先事業所へ納品できる体制となっています。(ただし一部高速道路が通行できないため、配送には一般道を使用しており、ご契約先事業所によって配送時間が大幅に遅延しています)

被災地への人的支援について

今後被災地域へ人的支援として平成28年4月21日から本社・支店の人員の派遣を予定しています。

以上

 

この件に関するお問合せ先

日清医療食品株式会社 総務本部広報課 担当:神戸
電話:03-3287-3619 

日清医療食品株式会社についてはこちら