ワタキューメディカルニュース

ワタキューメディカルニュース詳細

ワタキューメディカルニュース<6月号見出し>

No.581 介護保険料の長期滞納で、資産差し押さえ高齢者が1万人に
背景には年々アップする保険料が

◆【図-1】介護保険料を滞納している人への対応
◆【図-2】介護費用と介護保険料の推移
厚生労働省のコメント:「給付制限を行う前にきめ細かい給付相談を行う」
◆ 滞納ワースト市町村の市民:「保険料徴収に嘱託職員を雇い税金を使うのは問題」
◆ 大阪市の民生委員の声:「ペナルティーを厳密にすると、必要な医療・介護を受けられない弊害も」
要支援1~2の高齢者の憤慨の声:「真面目に介護保険料を払っても実質的な給付制限が進んでいる」
◆ 要介護度3以上の高齢者、家族の声:「特養への入所が遠のき、保険料納付への意欲が薄れる」
◆ 事務局のひとりごと
No.582 2018年度にスタートする第7次医療計画に向け
厚労省検討会で医療計画作成指針の議論が開始

◆【図-3】医療・介護制度および関連施策に係る検討会のスケジュール
◆【図-4】医療計画の策定に係る指針等の全体像について
◆ 骨太方針2016:「医療費の地域差半減を目指し地域医療構想に基づく病床機能の分化・連携」など要求
厚生労働省担当者:「疾病特性を考えた二次医療圏の設定が必要」
◆ 加納医療法人協会長:「単に医療圏の設定という問題ではなく、もう一度数字を見直す視点が抜けている」
今村奈良県立医大教授:「第7次医療計画では医療圏と介護圏の調整を」
病院で働く看護師の声:「地域の医療・介護に対応した看護キャリア形成への取組が必要」
◆ 地域住民の声:「医療・介護の『見える化』で施設情報が入手しやすくなると期待」
◆ 事務局のひとりごと
短信
hot! -あらゆる抗生物質が効かない-「スーパー耐性菌」、米国で初の感染例
考えよう -北里大学病院、診療情報管理士が活躍-

 

今月も内容満載で皆さんに役立つ情報を提供中!!