お知らせ詳細

ヘルスケアフードファクトリー亀岡(仮称) 地鎮祭を挙行

病院・介護福祉施設での給食委託会社のリーディングカンパニーである日清医療食品株式会社(本社:東京都千代田区、社長:菅井正一)は、京都府亀岡市大井町南部土地区画整理事業地内において、岩槻、名古屋、京都、米子、九州についで6ヵ所目となり、当社として最大規模となる新たなセントラルキッチン(ヘルスケアフードファクトリー亀岡)を設置することとなり、8月7日に地鎮祭を挙行しましたのでお知らせいたします。

現在、当社は2015年8月に、ヘルスケアフードサービスセンター京都の開設、2015年10月ヘルスケアフードサービスセンター岩槻の工場設備増設、2016年6月にヘルスケアフードサービスセンター九州の工場設備増設、2016年8月にヘルスケアフードサービスセンター米子の工場設備増設(予定)と続けており、今回のヘルスケアフードファクトリー亀岡(仮称)の設立で、より当社ブランドである『モバイルプラス』の製造数が強化されます。

【施設概要】

名称 ヘルスケアフードファクトリー亀岡(仮称)
所在地 京都府亀岡市南丹都市計画事業 大井町南部区画整理事業地内保留地(3・4街区)
京都府亀岡市大井町・薭田野町地内
設計監理 中央設備エンジニアリング株式会社
施工 古久根建設株式会社
構造規模 鉄骨造 地上2階建
敷地面積 26,434.47㎡
延床面積 15,202.71㎡
用途 工場
工期 2016年8月1日~2017年7月31日(予定)
操業開始日 2017年12月(予定)
製造商品 医療・福祉施設で提供する一般食、治療食(当社ブランド「モバイルプラス」)

 

【セントラルキッチンとは】

学校・病院などの大量調理を1カ所で行う施設です。調理コストの低減、食品衛生管理の徹底、専門の栄養士の効率的配置を行うことによる、一定の品質の商品を安全かつ安定的に提供することを目的としています。


日清医療食品が保有するセントラルキッチンは「ヘルスケアフードサービスセンター」という名称で、医療・福祉施設様への提供を中心に行っています。

【モバイルプラスとは】

モバイルプラスとはセントラルキッチンでクックチル調理した食事を施設のニーズに応じ、真空パックにして配送するサービスです。


普通食から治療食までをそろえた持ち運びできる食事であり、医療版、福祉版の2種類あり
①通常食、②全粥食、③塩分6g未満食、④糖尿病食の4食種を展開しています。

【セントラルキッチン施設概要】

施設名 最大提供食数 敷地面積 設立年
ヘルスケアフードサービスセンター岩槻
(埼玉県さいたま市)
10,000食/日 2,213.73㎡ 2001年2月
ヘルスケアフードサービスセンター名古屋
(愛知県尾張旭市)
6,000食/日 3,326.91㎡ 2006年2月
ヘルスケアフードサービスセンター京都
(京都府亀岡市)
10,000食/日 4,639.09㎡ 2015年8月
ヘルスケアフードサービスセンター米子
(鳥取県米子市)
7,500食/日 3,000.21㎡ 2007年2月
ヘルスケアフードサービスセンター九州
(佐賀県神埼市)
10,000食/日 5,613.00㎡ 2010年4月
ヘルスケアフードファクトリー亀岡(仮称)
(京都府亀岡市)
100,000食/日 15,202.71㎡ 2017年7月
(予定)

 

【完成予想図】

ヘルスケアフードファクトリー亀岡完成予想図

ヘルスケアフードファクトリー亀岡完成予想図

【建設工事請負契約における古久根建設との調印式】

調印式の模様


【本件に関する問い合わせ先】

日清医療食品株式会社 総務部広報課
担当:神戸
Tel:03-3287-3619