ワタキューメディカルニュース

ワタキューメディカルニュース詳細

ワタキューメディカルニュース<10月号見出し>

 

No.613 「一般病床・療養病床の区分を廃止」を提言。入院基本料は看護配置による機能別のみ。武久日慢協会長。
◆【図-1】病床別分類案
全国平均倍の病床数の県課長:「地方では、高度成長期に医療産業以外に有力な産業がなく、病院病床が急増し、現在に至っている」
◆ 全日病医療保険・診療報酬委員会副委員長:「入院基本料は極力いじらないように要望していくことを検討」
◆ 事務局のひとりごと
No.614 「積極的安楽死」について、アジアでは否定的。横倉会長、アジア大洋州医師会連合総会を総括。
◆【図-2】「人生の最終段階における医療の決定プロセスに関するガイドライン」方針決定の流れ
アジア諸国の終末期医療事情(台湾・韓国)
・台湾、『Patient Autonomy法』が来年施行
・韓国、延命治療に関する事前指示書が全国規模でデータベース化
◆ 射水市民病院の人工呼吸器取り外し事件を契機に、厚労省検討会がガイドライン策定
厚労省の検討会設置の担当者:「普段から考える機会や本人の意思を共有する環境が整備されていない」
◆ 事務局のひとりごと
短信
hot!– おたふく風邪から難聴が多発  日本耳鼻咽喉科学会「ワクチン定期接種を」-
hot!– アルツハイマー病の採血診断法を世界初の開発 京都府立医大 –

 

今月も内容満載で皆さんに役立つ情報を提供中!!