お知らせ詳細

ヘルスケアフードファクトリー亀岡PR動画をHPに掲載

印刷をされる方はこちらをご覧ください。(PDF形式、404Kb)
2018年6月28日 11:00



 病院・介護福祉施設向け、給食受託会社のリーディングカンパニーである日清医療食品株式会社(本社:東京都千代田区丸の内2-7-3 代表取締役社長 菅井正一)は2017年12月より稼動しています、1日10万食を製造できるヘルスケアフードファクトリー亀岡のPR動画を6月28日にHPに掲載いたしました。



 今までのセントラルキッチンでは、バッチ式加熱・冷却製造方式で、加熱、冷却工程は手動で行っていましたが、ヘルスケアフードファクトリー亀岡では、連続式加熱・冷却製造方式を採用し、加熱、冷却工程を自動化・ライン化を行う事で省力化・省人化を実現しています。

 画像や文章では自動化・ライン化による省力・省人化が伝わりにくいため、今回動画作成にいたりました。

【動画サイトについて】
URL:https://www.nifs.co.jp/management/central-kitchen/kameoka_central/
公開日:6月28日

【ヘルスケアフードファクトリーで製造しているモバイルプラスとは】

 「モバイルプラス」は、毎日のお食事をセントラルキッチンにてクックチル方式により調理し、日清医療食品のご契約先事業所へ配送する食事サービスです。

 従来、病院や施設の厨房で行っていた、献立作成・発注・検収・下処理・調理等の業務をセントラルキッチンが担うことにより、効率化が図れます。

 厨房での作業は、再加熱・和える等の簡単調理のみ。少ない労働力で医療・福祉ともに喫食者に合わせた食事提供が可能です。毎日の食事はもちろんのこと、暦の行事食を取り入れることで季節を感じ、楽しんでいただけるお食事です。

【ヘルスケアフードファクトリー亀岡での提供食種について】

医療版
・常食 ・全粥食 ・減塩食・エネルギーコントロール食
福祉版
・常食 ・全粥食 ・減塩食 ・エネルギーコントロール食
※各食種 禁止食対応
 肉禁止食・魚禁止食・麺禁止食・納豆禁止食等

【モバイルプラス導入における作業軽減について】

以上

 

【本件に関する問い合わせ先】

日清医療食品株式会社 総務部広報課
担当:神戸
Tel:03-3287-3619