お知らせ詳細

日清医療食品株式会社 災害訓練のお知らせ

[災害訓練]災害発生で孤立した介護施設へ東京からヘリコプターで食材支援物資を搬送

病院・介護福祉施設での給食サービスのリーディングカンパニーである日清医療食品株式会社(本社:東京都千代田区、社長:安道光二)は、12月6日(木)、相模灘を震源とする震度6強の地震が発生したことを想定し、この震災の影響で完全に孤立してしまった介護老人保健施設「いとうの杜」(運営:医療法人啓仁会、住所:静岡県伊東市湯川288-9)へ東京からヘリコプターで食材支援物資を輸送する災害訓練を実施いたします。

概要

伊東市は、震度6強の地震の影響で電気・水道・ガスのすべてのライフラインが寸断、なおかつ津波・土砂崩れ・崩落などの影響で陸路も断たれている状況下、当社が給食を提供している「いとうの杜」が完全に孤立し、早急な支援が必要な状況となっていることを想定した災害訓練です。

日清医療食品株式会社はこの事態への緊急対応として、倉庫に備蓄している食材物資をヘリコプターで伊東市へ搬送し、介護施設用の非常食(通常食およびソフト食)の提供を行うものです。

訓練の目的

日清医療食品株式会社は、医療・介護・保育の現場でお食事を召し上がる方に対して、いかなる場合でも食事サービスの提供を継続できるよう体制構築を強化しています。

大規模地震が発生しても食事提供の継続ができるよう、東日本大震災後に災害時対応を追加で整備した内容が、実際の非常時に機能するかを検証するための訓練です。

■この件に関するお問合せ先■
日清医療食品株式会社 総務本部広報課 担当:神戸
電話:03-3287-3619 

日清医療食品株式会社についてはこちら