感染性廃棄物処理管理

管理業務

ワタキューセイモア株式会社

感染性廃棄物処理管理

追跡管理システムを駆使した
独自の医療廃棄物処理管理代行システム。

排出者である医療機関様をサポートする廃棄物管理システム(メディポートシステム)を構築。収集・運搬から最終処分の完了確認までの管理業務を代行します。廃棄物の容器ごとにバーコードを添付し、排出から最終処分に至る全工程をコンピューターで完全個別追跡管理を行うシステムで、業界を大きくリードしています。

管理代行する業務

  • 収集運搬業者・中間処理業者の選定と契約書締結の代行業務
  • 廃棄物の排出から最終処分までの工程の追跡管理と確認業務
  • 収集運搬業者・中間処理業者への代金の支払い代行業務
  • 収集運搬業者・中間処理業者との連絡・指示・折衝まで契約が 円滑に遂行されるための協力業務
  • その他関連する業務
ワタキューセイモア
EDI版 電子マニフェストの4つのメリット
ワタキューセイモア EDI版 電子マニフェストの4つのメリット

感染性廃棄物処理管理 業務フロー

1.契約
処理計画の作成と収集スケジュールの確認の後、当社指定の収集業者および処理業者との打ち合わせを行います。
2.収集
排出場所にて廃棄物を収集。専用容器に貼付したバーコードをスキャナーでチェックし追跡を開始します。
3.運搬
機能的で作業効率が高い、安全性も考慮された専用保冷車にて、各指定の処分場へ運搬します。
4.中間処理場への搬入
バーコードをスキャナーで読み取り、容器ごとの受け取り確認を、安全・清潔かつスムーズに行います。
5.溶融または焼却処理
バーコードによるチェックの後、廃棄物は容器ごとに電炉または焼却炉に投入され、完全処理されます。
6.完了確認
処分完了の確認後、マニフェストの受け取りを行います。それと同時に請求書を発行し、作業完了となります。

感染性廃棄物処理管理 業務フロー イメージ

このサービスの詳しい情報・お問い合わせはこちら