ワタキューメディカルニュース

ワタキューメディカルニュース詳細

短信:京都大学 免疫細胞老化の仕組み解明 ~化合物投与で機能回復~

→メディカルニュース今月の見出しページへもどる

 

 京都大ガン免疫総合研究センターの本庶佑センター長らの研究グループは、がんなどを攻撃する免疫細胞「キラーT細胞」の機能が加齢に伴って低下するのは、生体内化合物の一種「スベルミジン(SPD)」の量が関係していると突き止めたと発表した。成果は28日付の米科学誌「サイエンス」電子版に掲載された。

 

 免疫療法の副作用、原因解明 がんの治療効果に期待――米国立衛生研

 

 研究グループは若いマウスと、免疫力の落ちた高齢マウスを比較。高齢マウスはSPDの濃度が若いマウスの半分で、キラーT細胞内のミトコンドリアの働きが低下していることを確認した。

 

 高齢マウスにSPDを投与するとキラーT細胞の機能が改善し、通常の高齢マウスでは効果がない、がんの免疫療法が効くようになった。

 

 こうした機能改善の仕組みとして、キラーT細胞内のミトコンドリアに含まれる代謝酵素にSPDが直接結びついて活性化させていることも解明した。

 

 研究グループの茶本健司特定准教授は、「老化によって免疫力が低下する一因を解明することができた。今後はSPDと免疫療法と併用した臨床研究を進めたい」と話している。

 

(JIJI.COM 10月30日)