- ワタキューグループポータルサイト - https://www.watakyu.jp -

短信:医療機関の40%余、冬のボーナス引き下げ。10万円以上の減額も。

→メディカルニュース今月の見出しページへもどる

 

 

 新型コロナウィルスの影響が長期化する中、医療機関などで働く人たちのこの冬のボーナスについて労働組合が回答の状況を調査して結果、40%余りで去年より引き下げられたことがわかった。労働組合は「医療従事者が責任感や使命感だけでは働き続けることが難しい状況になっていて、国の支援が必要だ」と指摘している。

 

 日本医療労働組合連合会(日本医労連)は、加盟する看護師などでつくる労働組合を対象にこの冬のボーナスについて調査し、11月24日までに回答があった298の組合の状況をまとめた。

 

 それによると、前年と比較できる289の組合について集計したところ、128の組合(44%)で去年より引き下げられたことがわかった。

 

 289の組合では、冬のボーナスは平均で1,739か月分・44万8138円となっていて、去年より0.09か月分・3万7311円減少した。

 

 去年より10万以上下がるのは31の組合(10.7%)に上り、これまでで最も多くなっている。最も影響が大きい組合では、去年からの引き下げ額が1人当たり平均で35万円を超えるという。    

 

 日本医労連「国の支援が必要」

 

 会見をした日本医労連の森田進書記長は「ボーナス減少の背景には新型コロナウィルスの影響による医療機関の経営悪化がある。医療従事者は今年の春から息も抜けない厳しい中で働き続けていて、負担は増えているのに待遇は下がっている。責任感や使命感だけでは働き続けることが難しい状況になっていて国の支援が必要だ」と話している。

 

(NHKニュースより 12/8)