ワタキューメディカルニュース

ワタキューメディカルニュース詳細

短信:国際医療福祉大、ヘルスケアで産学連携。ソフトバンクGやオムロンなどと

→メディカルニュース今月の見出しページへもどる

 

 

 国際医療福祉大学・高邦会グループ(IHWグループ、東京・港)はヘルスケア領域に特化したオープンイノベーション事業を始める。第1弾としてソフトバンクグループ、オムロン、日本ユニシス、シミックホールディングスと連携事業を始める。同グループの医療人材や臨床情報を活用し、国内で新たな健康・医療事業を創出する。

 IHWグループは学校法人、医療法人など全国に約60施設を持つ。1000人以上の医師が在籍し、東京から福岡、神奈川、栃木など幅広い地域をカバーし、膨大な医療データを抱える。特に今春、千葉県成田市の成田国際空港近くに開院した成田病院はアジアを代表するハブ病院として最先端医療設備や研修施設を取り入れている。新型コロナウィルスの患者も積極的に受け入れている。

 まず血圧などを計測するスマートフォン用のアプリの臨床研究や次世代の医療企画を活用したデータ事業、フィットネスで医療データを使う事業などを大手企業と始める。医療情報のAI開発などを進めるスタートアップ企業とも連携し、新規事業立ち上げを促す。

 

(日経新聞 12/1)