- ワタキューグループポータルサイト - https://www.watakyu.jp -

短信:ワクチン接種前に知っておきたいワクチン接種に向けて。するといいこと・避けること [医師の解説]

→メディカルニュース今月の見出しページへもどる

 

 

 新型コロナワクチンの接種が開始され、すでに接種完了したという医療従事者、高齢者もいる。どの程度有効なのか、どんな副反応があるのかなど、不安を覚える人もあるようだ。一般的にワクチンを接種する際に、その効果を高め、副反応を低減するために準備できることはあるのだろうか。済生会横浜市東部病院医師、患者支援センター長の谷口英喜先生に解説していただいた。

 

Q そもそもワクチンとは?

 感染症にかかると、原因となる病原体(ウィルスや細菌など)に対する「免疫(抵抗力)ができます。免疫ができることにより、その感染症に再びかかりにくくなったり、かかっても症状が軽くなったりするようになります。このような体の仕組みを使って病気に対する免疫をつけ、免疫を強くすることを目的にワクチンを接種します。

 

Q 新型コロナワクチンも該当する「mRNAワクチン」とはどんな種類のワクチン?

 ワクチンの種類には「生ワクチン」、「不活化ワクチン」、「トキソイド」、「mRNAワクチン」があり、新型コロナワクチンは「mRNAワクチン」に該当します。

 

◎生ワクチン・・生きている病原体(ウィルスや細菌)が持っている病原性を弱めたものです。その病気に自然にかかった状態とほぼ同じ免疫力をつけます。病原性を弱くしたウィルスや細菌が身体の中で徐々に増えるので、接種後1~3週間に自然にかかったのと同じような軽い症状が出ることがあります。生ワクチンの例:MR

 

◎不活化ワクチン・・病原性を無くした細菌やウィルスの一部をつかったものです。生ワクチンに比べて免疫力がつきにくいといわれ、何回かに分けて接種する必要があります。不活化ワクチンの例:DPT-IPV4種混合(D:ジフテリア・T:破傷風)、日本脳炎、インフルエンザ、A型肝炎、B型肝炎、肺炎球菌、不活化ポリオ

 

◎トキソイド・・細菌の産生する毒素(トキシン)を取り出し、免疫を作る能力はありながらも毒性を無くしたもの。「不活化ワクチン」に分類されることもあります。トキソイドの例:ジフテリア、破傷風のワクチン

 

◎mRNAワクチン:病原体を構成するタンパク質の設計図を身体に投与することで、免疫をつけるものです。新型コロナワクチンとして開発されているものの多くがこのmRNAワクチンです。新型コロナワクチンの場合、ウィルスの周囲のスパイクタンパク質というトゲトゲした部分に対する免疫を付けるために、この部分の設計図が書かれたmRNAワクチンを投与します。スパイクタンパク質の部分の設計図だけでウィルスの遺伝子本体は入っていないため、ワクチンを打つことで新型コロナウィルスに感染することはありません。また、mRNAは細胞の核の中に入らないので、ヒトの遺伝子にくみこまれることもありません。mRNAは細胞に取り込まれてから20秒~20分で分解されます。作られたタンパク質も10日以内には分解されいずれも体内に残りません。

 

 アジュバントによりワクチンの働きが強化

 “アジュバント”とは、ワクチンと一緒に投与することでワクチンの効果を高める成分の事。例えば発育鶏卵を用いて作られるインフルエンザワクチンの抗原は安定して大量に製造するにはまだまだ課題があり、接種1回に必要な抗原の量を減らすことでワクチン自体の供給数を増やす工夫をします。この時に、抗原の働きを増幅させるためにアジュバントと呼ばれる成分を混合しています。

 

●ワクチンとはもともと備わった免疫力を活用して抗体を作る仕組み

 ワクチンは治療薬剤とは異なり、自分に備わった免疫能力を活用して抗体を作るものです。従って効果を期待するには、もともとの免疫力が高いに越したことはありません。特に加齢に伴い免疫の主役である胸腺(胸骨の裏にある免疫産生組織)という組織が退化していきます。そうするとワクチンを接種しても十分な抗体が産生できません。ワクチンの効果を十分に出すために、免疫力を強化しておきましょう。

 規則正しい生活を送り、3度の食事をきちんととり、十分な睡眠を意識して体力を蓄えることも大切です。水分や電解質不足による脱水も、体内の器官に必要な栄養をゆきわたらせる血液の循環に影響したり、粘膜を乾かせてしまうことから、免疫に負担をかける結果を招きます。ストレスで交感神経ばかりが優位になっている状態も免疫力の低下を招くので、過度なストレスを避ける心掛けも大切です。

 

●ワクチン接種前後の激しい運動、寝不足、アルコール摂取は好ましくない。

 

●接種後の副反応。直後に起きるアナフィラキシーショックは、体調によるとは限らず、防ぎようがないが、万一起きても医師による適切な対応がなされるので、安心してよい。遅発性の発熱、筋肉痛、関節痛、全身倦怠感などはその時の体力によりダメージが異なる。発熱などの際、自己判断で薬を飲むことはお勧めできない。症状の重い時は必ず医師に相談してほしい。