- ワタキューグループポータルサイト - https://www.watakyu.jp -

短信:i P S心筋移植、今秋治験へ。慶大発ベンチャー

→メディカルニュース今月の見出しページへもどる

 

 

 

 慶応大の福田恵一教授が社長を務める同大学発のバイオベンチャー「ハートシード」は6月1日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った心臓の筋肉(心筋)の細胞を重い心臓病の患者に移植する治験を今秋から始めると発表した。

 治験では動脈硬化などが原因で心臓の筋肉に血液が行き渡らなくなり、心臓の機能が低下する「虚血性心疾患」の患者10人前後への移植を予定。iPS細胞から心筋細胞を作製し、千個の細胞を球状の塊にして移植し、安全性や有効性を確認する。

 同社は治験を監督する医薬品医療機器総合機構(PMDA)に治験計画を届け出て、今年3月に了承されていた。           

(共同通信)