ワタキューメディカルニュース

ワタキューメディカルニュース詳細

ワタキューメディカルニュース<11月号見出し>

No.‐566 慢性期医療体制見直しで、「医療」「介護」「住まい」組み合わせた新類型 ‐厚労省が療養病床の在り方に関する検討会に提示‐
◆【図1】10-9療養病床あり方検討会 さらにご議論いただきたい事項
厚生労働省担当課のコメント
◆ 中小病院の院長のコメント「新施設類型の提案は、転換型老健の失敗が想起される」
鈴木日医常任理事のコメント「性急な新たな類型型への絞り込みは反対」
◆ 事務局のひとりごと
No.‐567 厚労省、高齢者のフレイル(虚弱)対策で専門職による相談・訪問指導などモデル事業
◆【図1】厚労省、高齢者のフレイル(虚弱)対策で専門職による相談・訪問指導などモデル事業
◆【図2】高齢者の低栄養防止・重症化予防等の推進
日本慢性期医療協会のコメント「高齢者の栄養、口腔指導は重要」
介護ジャーナリストのコメント「介護予防事業」と「フレイル対策」との違い
◆ 「日本サルコペニア・フレイル研究会」が設立
元気な高齢者の声
◆ 事務局のひとりごと
短信
hot! 「がん粒子線治療費を病院に直接支払う民間保健サービス‐第一生命が医療安心サポートの対象医療機関を拡大‐ 」
考えよう 「情報通信機器を利用した遠隔診療へのニーズの高まりと、診療上の留意点」

 

今月も内容満載で皆さんに役立つ情報を提供中!!