お知らせ詳細

日清医療食品と亀岡市がコラボして 熱中症の予防を啓蒙する4コマ漫画をホームページに掲載

各位

2017年6月21日 09:00

亀岡市
日清医療食品株式会社

日清医療食品株式会社(代表取締役社長:菅井 正一/以下、日清医療食品)と、亀岡市(亀岡市長:桂川 孝裕)は暑い夏を乗り越えていただくため、この夏限定で日清医療食品の環境キャラクター「日比野瑛子」が亀岡市内の観光スポットを紹介しつつ、熱中症予防の啓蒙のための4コマを以下のスケジュールで掲載いたします。
尚、熱中症予防については日清医療食品も参画しています、熱中症予防声かけプロジェクト事務局の監修上作成しています。

【掲載日程】

2017年6月28日  第31話、第32話掲載予定
2017年7月 5日   第33話、第34話掲載予定
2017年7月12日  第35話、第36話掲載予定
2017年7月19日  第37話、第38話掲載予定
2017年7月26日  第39話、第40話掲載予定

熱中症啓蒙について使用する場合に限り4コマ漫画のデータは過去の分も含めご自由にご使用ください。
使用につきまして事前連絡は不要です。

掲載日程については予告なく変更になる可能性があります。

【キャラクターについて】

日比野瑛子
日清医療食品の環境キャラクター
「日比野瑛子」

【背景】

日清医療食品が熱中症の啓蒙に力を入れるのは暑い厨房で業務をされる社員の皆さまが熱中症にならないようにするために啓蒙活動を行っていて、2014年よりHPにて熱中症啓蒙のための4コマ漫画を掲載しています。
掲載アドレス:http://www.nifs.co.jp/csr/eco-com/cartoon

熱中症予防声かけプロジェクトは、熱中症予防に係る正しい知識を普及するとともに、民間企業や行政機関が連携し、熱中症予防の声かけの輪を広げる取組で、2011年6月から開始しています。
熱中症予防声かけプロジェクトHP:http://www.hitosuzumi.jp/

【亀岡市とのコラボの背景について】

日清医療食品は、2015年8月に亀岡にヘルスケアフードサービスセンター京都を開設し、2017年12月には1日10万食を製造できるヘルスケアフードファクトリー亀岡を稼動する予定です。

このヘルスケアフードファクトリー亀岡は少子高齢化を見据え事業継続のための食品工場になります。

また、2016年10月には亀岡市と連携した災害訓練※1を実施し、同年11月には亀岡消防署ならびに亀岡警察署と連携した防災訓練※2を実施するなど官民の連携を進めています。

今回、広く熱中症予防のための啓蒙の4コマ漫画を日清医療食品の工場がある亀岡市とコラボを行うことで、地域に住まれる方はもちろん広く熱中症予防の啓蒙につなげることを目的としています。

※1亀岡市と連携した災害訓練レポートはこちら
※2亀岡消防署ならびに亀岡警察署と連携した防災訓練についてはこちら

【日清医療食品株式会社 概要】

医療・福祉施設向・保育園などに特化した食事サービスの提供を行っていて、この分野で最大手の企業となります。

病院、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、その他の施設からの受託件数は合計5,300件以上で、1日120万食以上の食事サービスを提供しています。

「ヘルスケアフードのオンリーワン企業として、食を通じて日本の医療福祉サービスの質の向上に貢献する」を経営スローガンに掲げ、「おいしさ」と「安全性」を確保した食事の提供を行うとともに、新しい価値を生むサービスを企画・開発に取り組んでいます。

【熱中症予防声かけ予防プロジェクト 概要】

みんなが少し意識を変えるだけで、熱中症被害は防げる。 官民が共同で、熱中症予防を呼びかけていく国民運動、それが、「ひと涼みしよう 熱中症予防声かけプロジェクト」です。

熱中症予防声かけプロジェクトでは「5つの声かけ」を熱中症予防として伝えています。
①温度に気をくばろう
②飲み物を持ち歩こう
③休息をとろう
④栄養をとろう
⑤声をかけあおう

【掲載イメージ】

熱中症予防4コマ漫画掲載イメージ

【本件に関するお問い合わせ先】

日清医療食品株式会社 総務部 広報課 [担当:神戸]
〒100-6420 東京都千代田区丸の内二丁目7番3号 東京ビルディング
電話:03-3287-3619(直通)