ワタキューメディカルニュース

ワタキューメディカルニュース詳細

短信:おたふく風邪から難聴が多発 日本耳鼻咽喉科学会「ワクチン定期接種を」

→メディカルニュース今月の見出しページへもどる

 

 おたふく風邪(流行性耳下腺炎)に感染し、合併症による難聴になった子どもが2015、16年の2年間で、少なくとも336人にのぼることが日本耳鼻咽喉科学会の調査でわかった。日本は先進国で唯一、ワクチンが任意接種のため接種率が低いことが背景にあるという。

 同学会は9月5日、記者会見でこの調査結果を発表、国に対し早期の定期接種化を要望していく方針を明らかにした。

 おたふく風邪はムンプスウィルスが咳やくしゃみ、接触などでうつる感染症。合併症には難聴や無菌性髄膜炎などがある。予防のためのワクチンは、1989年から風疹、はしか(麻疹)と合わせた3種混合(MMR)ワクチンとして定期接種されていた。しかし、副反応の無菌性髄膜炎が問題視され、93年に定期接種が中止となった。現在は任意接種で、接種率は30~40%ほどとされる。

 近年、おたふく風邪の流行がつづき、難聴になる患者がでていることから同学会では実態を明らかにするため、全国の耳鼻科約5600施設を対象に調査を行った。(回答率64%)

 その結果、難聴と診断された336人の約8割の261人が日常生活にかなり支障をきたす高度の難聴になったことが判明、両耳とも難聴になった14人中7人が人工内耳を埋め込む手術を受け、4人が補聴器を使っていた。年齢別では10歳未満、10代、30代の順に多く、半数は子供であとは子育て世代に目立っている。

 調査を担当した守本倫子・国立成育医療研究センター 耳鼻咽喉科医長は、「おたふく風邪による難聴になると治療が難しく、日常生活に支障をきたしてしまうことが多い。予防できる難聴であることを知っていただきたい」と話している。

 

以上