お知らせ詳細

8月31日(金)に出汁にこだわったおいしい料理コンテストを実施いたします

印刷をされる方はこちらをご覧ください。(PDF形式、192Kb)
2018年8月20日 17:00



 病院・介護福祉施設向け、給食委託会社のリーディングカンパニーである日清医療食品株式会社(本社:東京都千代田区丸の内2-7-3 代表取締役社長 菅井正一)は、8月31日(金)に第15回となる全国料理コンテストを広島市東区(会場:比治山大学9号館 住所:広島市東区牛田新町4丁目1-1)にて開催いたします。



※画像は前回の模様

【全国料理コンテストについて】

(開催の目的)

 病院・介護施設で入院・入居される方の楽しみは“食事”です。
 少子高齢化の中、病院・介護施設への食事サービスは更に重要度が高まります。
 どのような状況下でも食事サービスの原点は「美味しい食事」を提供することです。
 効率よい作業で、多様性に富んだ環境下で美味しい食事を提供するに当たり、今回は「だし」や「スープ」に重点を置き、食べる人も、作る人も笑顔でからだも心も元気になれる料理がコンセプトです。

(コンテストについて)

今回のコンテストでは、16ある支店から、栄養士(管理栄養士)1名、調理師1名、チャレンジド1名の3名による支店チームが、一汁三菜の献立で競い合います。
過去の料理コンテストの模様はこちらから確認ください。

※チャレンジドとは・・・障がいのある方。「障がい者」が、その文言があらわすようなネガティブな存在から脱却できる社会の創造をめざし、障がいをマイナスと捉えるのではなく、社会のためにポジティブに生かして行こうという想いをこめて提唱している呼称。

(チャレンジドがコンテストに参加する背景について)

 少子高齢化の中、多様な方が業務に従事されています。毎回コンテストはテーマを設けており、今回は多様性にあわせた日清医療食品の体制と、支店にて選出されたチャレンジドの方がいきいきと調理している姿が、食べる人も、作る人も笑顔でからだも心も元気になれる料理につながることを目指しています。

(コンテスト課題について)

  対象者:一般成人
  献立構成:一汁三菜
  献立内容:主食:お米 「かつおこんぶだし」「鶏がらスープ」1種類以上を使用。
  栄養価

エネルギー たんぱく質 塩分
650±40Kcal 20g以上 3.0g未満

※製造数:4食(内訳2食:プレゼン・展示用、2食:試食用)

【当日のスケジュールについて】

時間 内容
9:05~9:35 開会式(6号館で実施)
9:50~12:20 調理競技(9号館2階)
※完成した料理の写真は12:20から12:50までの間撮影が可能です
12:50~14:00 試食・プレゼン(9号館3階)

15:30~17:00に懇談会・表彰式を実施いたします。
(会場:ANAクラウンプラザホテル広島 住所:広島県広島市中区中町7-20)
※当日の進行により前後する可能性がございます。

【日清医療食品の障がい者雇用数・雇用率について】

2014年 2015年 2016年 2017年
障がい者 雇用数 755名 789名 855名 796名
雇用率 2.09% 2.20% 2.32% 2.30%

【当日に関するお願い事項】

当日取材に来られる際は事前に広報課までご連絡ください。

 

【本件に関する問い合わせ先】

日清医療食品株式会社 総務部広報課
担当:神戸
Tel:03-3287-3619