ワタキューグループのご紹介

ワタキューグループは、約86,000名のスタッフで
医療、福祉、健康分野を専門力・総合力でサポートします。

※2016年9月現在

ごあいさつ

代表取締役社長 村田清和 社是「心」を大切に!

当社は明治5年に村田久七が製綿業を営みだしたのが始まりです。社名の由来も創業時の「綿屋の久七」から文字を取り出しワタキューとなっております。

昭和25年には故村田清次が現在のワタキューセイモア株式会社の前身会社である綿久製綿株式会社を設立し「綿久わた」の品名で勢力的にわたと洋ふとんの販売を展開しておりました。

その後、村田清次が昭和37年に病院寝具のリースに着目し、綿久寝具株式会社を設立したことが第二の創業となります。

以来、病院寝具リースを主体に環境の変化や社会の要請に応じて食事の提供業務、滅菌業務、清掃業務など、そして、院外調剤薬局、施設内や在宅療養者向けの福祉用具のレンタル・販売、その他に人材派遣業、建物の設計・施工など、ワタキューグループとして主に医療と福祉関連を対象とした様々な事業に挑戦しております。

現在の日本では少子高齢社会に伴う労働人口の減少で、特に当社が携わる医療・福祉業界の労働力の不足が顕著となっています。この状況は当分続く事になると思われますが、その状況の中で、グループの総合力を駆使して継続的に質の良いサービスを提供していく事が使命だと考えております。

社是「心」をもって、基本方針にある「感謝の気持ちと謙虚な姿勢」でこれからも様々な分野に挑戦し、社会の要請に応えて行けるように邁進してまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。